がん治療用補助新薬開発の「岸闊医薬」:シリーズA1で約16億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

がん治療用補助新薬開発の「岸闊医薬」:シリーズA1で約16億円を調達

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

がん治療の補助新薬を研究、開発する「岸闊医薬(QnQuality Pharmaceuticals)」が、シリーズA1で1500万ドル(約16億円)を調達した。リード・インベスターは「経緯中国(Matrix Partners China)」と「博遠資本(BioTrack Capital)」で、「中国科学院控股(CAS Holdings)」傘下の「国科嘉和(CASH Capital)」も出資に参加した。今シリーズは同社にとって初めて公開された資金調達である。資金は主に岸闊医薬がアメリカで実施するフェーズIIの臨床試験や、後続製品2種のIND申請と早期臨床試験、および多くの臨床前プロジェクトの初期研究に充てられる。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手