電子タバコの「VPO(微珀)」:シリーズA+で資金を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

電子タバコの「VPO(微珀)」:シリーズA+で資金を調達

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

電子タバコブランドの「VPO(微珀)」を販売する「瘋蛙科技」が、シリーズA+で資金を調達した。出資者は非公開の新規投資家と、既存株主の「漢鼎資産(Handing Asset)」。VPOは2019年3月にプレシリーズAで1000万元(約1億5000万円)を、4月にシリーズAで3000万元(約4億5000万円)を調達している。資金はブランドとサプライチェーンのアップグレード、販売店の開設などに充てられる。VPOは2018年に設立され、現在、使い捨て電子タバコ「V酷」やカートリッジ式電子タバコの「煥」シリーズなどを販売している。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手