アニメ映画「哪吒」:興行収入中国歴代第2位の大ヒット、さらなる発展のカギはあの会社のビジネスモデル!?

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

アニメ映画「哪吒」:興行収入中国歴代第2位の大ヒット、さらなる発展のカギはあの会社のビジネスモデル!?

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の「国家電影事業発展専項資金管理委員会弁公室」が10月27日に発表したデータによると、映画「哪吒之魔童降世(英題:Ne Zha)」の興行収入が、最終的に49億7400万元(約770億円)に達し、中国映画史上第2位、同国産アニメ映画としては新記録を樹立したとのこと。しかしアニメは、制作期間の長さや制作コストの高さの割に、映画のチケット代は安く、しかも人気が出るとは限らない。こういった状況では、今後高品質のアニメを制作できる保証はない。そのためアニメ産業においては、よりロングスパンのビジネスモデルを構築し、興行収入以外の収益源を確保する必要がある。ディズニーのビジネスモデルを参考に、IP開発による産業チェーンを構築し、多くの関連業者が利益を得られる仕組み作りが必要だ。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録