2020年、アジアが北米を抜きグローバルベンチャーキャピタルの中心に

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

2020年、アジアが北米を抜きグローバルベンチャーキャピタルの中心に

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

シンガポールのソブリンウェルスファンド「テマセク・ホールディングス」の子会社「祥峰投資(Vertex Ventures)」と英調査機関「Preqin」の共同執筆レポートによると、2018年末、アジアに特化したベンチャーキャピタルファンドの運用資産残高(AUM)は3230億ドル(約35兆2000億円)に達し、北米向に特化したベンチャーキャピタルファンドのAUM3970億ドル(約43兆2700億円)に迫っている。Preqinのアジア業務担当は「2020年末までに、アジアに特化したファンドのAUMは北米に特化したファンドを上回るという分析もある」と述べている。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手