子ども向けプログラミング教育の「編程猫」が約60億円を調達、科創板上場へ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

子ども向けプログラミング教育の「編程猫」が約60億円を調達、科創板上場へ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

7~16歳の子どもを対象としたプログラミング学習プラットフォーム「編程猫(CODEMAO)」を運営する「深圳点猫科技(Shenzhen Dianmao Technology)」が、シリーズCで4億元(約62億円)を調達した。リード・インベスターは「中俄基金(Russia-China Investment Fund)」で、「高瓴資本(Hillhouse Capital)」や既存株主の「清流資本(Crystal Stream)」、「猟豹移動(Cheetah Mobile)」等も出資した。

編程猫は今回の資金調達後、正式に新興ハイテク企業向け株式市場である「科創板」への上場準備に入る。同社は2015年に設立された。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録