中国発の抗がん剤を米国FDAが初めて認可

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国発の抗がん剤を米国FDAが初めて認可

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

11月15日、香港で上場している製薬会社「百済神州(BeiGene)」は、自社開発したブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害剤「ザヌブルチニブ(zanubrutinib、商品名:『BRUKINSA™』)」が、前治療歴のあるマントル細胞リンパ腫(MCL)患者の治療薬として、アメリカ食品医薬品局(FDA)から迅速承認を受けたと発表した。中国産新薬として初の海外進出となる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録