生殖補助医療技術の「Mojo」:シリーズシードで約2億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

生殖補助医療技術の「Mojo」:シリーズシードで約2億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

AIとロボット技術を活用し、体外受精(IVF)プロセス自動化を実現した「Mojo」が、シリーズシードで170万ユーロ(約2億円)を調達した。リード・インベスターは北欧のベンチャーキャピタル「Inventure」、コ・インベスターは「Doberman」と「Privilege Ventures」。Mojoは2017年に設立。クオリティが最も高い精子と卵子を選んで受精させることにより、体外受精にかかるコストや胎児の健康リスクを削減し、成功率を上昇させる技術を有する。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録