横浜Fマリノスに出資のサッカー事業グループ「シティ・フットボール・グループ」:約547億円の資金を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

横浜Fマリノスに出資のサッカー事業グループ「シティ・フットボール・グループ」:約547億円の資金を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

世界的なサッカー事業グループ「シティ・フットボール・グループ(City Football Group;CFG)」が、5億ドル(約547億円)を調達した。出資者は米プライベートエクイティ「シルバーレイク(Silver Lake)」。今回の調達により、同グループの評価額は48億ドル(約5230億円)となる見込み。資金は国際事業の拡大促進、技術およびインフラの発展促進に充てられる。またCFGは取締役会メンバーを8名から9名に増員し、シルバーレイクのマネージングパートナー兼取締役社長のエゴン・ダーバン(Egon Durban)氏が、シルバーレイクを代表して9番目の取締役を務める。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録