自動車アフターマーケットサービスプラットフォーム「甲乙丙丁網」:シリーズBで約54億円調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

自動車アフターマーケットサービスプラットフォーム「甲乙丙丁網」:シリーズBで約54億円調達

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

自動車アフターマーケット業界向けのサービスプラットフォームを運営する「甲乙丙丁網(JYBD.cn)」が、シリーズBで3億5000万元(約54億円)を調達した。リード・インベスターは「遠洋資本(Sino-Ocean Capital)」、コ・インベスターは「上海国和投資(SHANGHAI GUOHE CAPITAL)」および既存株主のトラック配車サービス最大手「満幇集団(Full Truck Alliance Group;FTA)」。財務アドバイザーは「高鵠資本(Cygnus Equity)」が務めた。甲乙丙丁網の阮成瑜CEOによると、資金は業界の整理統合や合併、買収による倉庫や配送のシェアリング、サプライチェーンの金融能力強化、情報化システムのアップグレード、人材の刷新などに充てられるとのこと。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手