がん治療総合医療プラットフォーム「思派」:シリーズD+で約156億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

がん治療総合医療プラットフォーム「思派」:シリーズD+で約156億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国全土の専門家ネットワークと高品質な情報をベースに、がん治療薬や保険に関するプラットフォームを運営する「思派集団(Medbanks)」が、シリーズD+で約10億元(約156億円)を調達した。リード・インベスターは既存株主のテンセント(騰訊控股)、「双湖資本(WU Capital)」も共同で出資した。また現株主である「富達集団」傘下の「斯道資本(Eight Roads Ventures)」や「F-Prime Capital」、「中電中金基金(CCEIF)」、「IDGキャピタル」も出資比率を増やした。思派集団は2014年に設立。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録