電動キックボードシェアリングの「Neuron Mobility」:シリーズAで約20億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

電動キックボードシェアリングの「Neuron Mobility」:シリーズAで約20億円を調達

続きを読む

シンガポール、マレーシア、タイ、オーストラリアで、電動キックボードのシェアリングサービスを提供するシンガポールのスタートアップ「Neuron Mobility」が、シリーズAで1850万ドル(約20億円)を調達したと、36Kr Global傘下のテック系英字メディア「KrASIA」が伝えた。リード・インベスターは、米シリコンバレーにオフィスを置くクロスボーダーファンド「GSR Ventures(金沙江創投)」と、オーストラリアのベンチャー投資会社「Square Peg」。シンガポールの既存株主「SeedPlus」と「SEEDS Capital」も出資した。資金はマーケティングと研究開発に充てられるとのこと。Neuron Mobilityは2016年に設立され、2018年12月にシードラウンドで380万ドル(約4億1000万円)を調達している。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手