トッププロも活用のフィットネス用デバイス「WHOOP」:シリーズDで約60億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

トッププロも活用のフィットネス用デバイス「WHOOP」:シリーズDで約60億円を調達

続きを読む

外国メディアによると、米ウェアラブルデバイスメーカー「WHOOP」がシリーズDで5500万ドル(約60億円)を調達した。リード・インベスターは米VC「Foundry Group」。
「WHOOP」は2011年に設立され、ヘルストラッカーやスポーツ用ウェアラブルデバイスの研究開発・設計を手掛けている。主力製品であるフィットネス用のリストバンド型ウェアラブルデバイスは、搭載された5個のセンサーが毎秒100回のデータ収集を行い、スポーツデータの検索、処理、解析により身体能力回復のための所要時間を算出し、カスタマイズされたトレーニングプラン作成をサポートする。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録