iPhone、新型肺炎流行の影響で出荷台数を下方修正、少なくとも100万台減

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

iPhone、新型肺炎流行の影響で出荷台数を下方修正、少なくとも100万台減

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

Apple専門家でもある「天風国際証券(TF International Securities)」のアナリスト・郭明錤(Ming-Chi Kuo)氏の最新レポートによると、2020年第1四半期、AppleがiPhone出荷台数を10%(少なくとも100万台)下方修正するなど、スマートフォン業界は多くの課題に直面している。スマートフォンブランドとサプライチェーンが直面している潜在的リスクは、以下の3点である。
(1)中国市場向けスマートフォン出荷台数が市場予測を下回っている点。
(2)5G対応スマートフォンが、Android端末の交換需要を予測ほど刺激していない点。
(3)新型コロナウイルス肺炎流行の影響により、iPhone出荷台数が予測を下回っている点。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録