中国が太陽系周辺で居住可能な惑星を探索へ、宇宙探査計画「覓音計画」を初公開

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国が太陽系周辺で居住可能な惑星を探索へ、宇宙探査計画「覓音計画」を初公開

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の宇宙開発計画における中心的役割を担う「中国航天科技集団(China Aerospace Science and Technology Corporation;CASC)」の袁潔総経理が、太陽系周辺で居住可能な惑星の探索を含む宇宙探査計画・「覓音計画」について語った。それによると「覓音計画」では、宇宙飛翔体を発射し、ダイレクトイメージングにより太陽系外で居住可能な惑星をいち早く発見、検証してその居住可能性を明らかにする。同時に、太陽系天体に対するスペクトル観測を行って水の分布を明らかにし、0.01秒角という空間分解能で観測することにより、Rバンド観測における新たな段階を切り拓くとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録