EC大手「拼多多」、武漢4病院で働く医療スタッフ4600名の食料1か月分を配達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

EC大手「拼多多」、武漢4病院で働く医療スタッフ4600名の食料1か月分を配達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国ソーシャルEC大手の「拼多多(Pinduoduo)」が物資の不足している武漢市に新鮮な野菜や果物を小売大手「武漢中商(Wuhan Zhongshang)」などの輸送チャネルを活用して発送、2020年2月2日午前から市内4病院の社員食堂に届き始めた。新型コロナウィルス肺炎治療の最前線に立つ医療スタッフ約5000名の1か月分の青果や食事を確保する。拼多多は、物流大手の「S.F.ホールディング(順豊)」や「中国郵政(China Post)」と連携し、中国国内主要農産地から湖北省の12の地級市及び27の県への特別ルートを開設した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録