ベビー・マタニティ用品のECプラットフォーム「海拍客」:シリーズDで約110億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ベビー・マタニティ用品のECプラットフォーム「海拍客」:シリーズDで約110億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ベビー・マタニティ用品を扱うB2B2CのECプラットフォーム「海拍客(Hipac)」が、シリーズDで1億ドル(約110億円)を調達した。リード・インベスターは「Anchor Equity Partners」、コ・インベスターは「高瓴資本(Hillhouse Capital)」、財務アドバイザーは「高鵠資本(Cygnus Equity)」。創業者兼CEOである趙晨氏によると、資金は主に技術チームの拡充、サプライチェーンシステムの改善、店舗のインテリジェントシステムのアップグレードおよび業界の優良ブランドの買収などに充てられるとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録