触覚も伝わる高性能VRグローブ開発「HapX」:約13億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

触覚も伝わる高性能VRグローブ開発「HapX」:約13億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米国の触覚テクノロジー企業「HaptX」が、1200万ドル(約13億円)を調達した。出資者は「Mason Avenue Investments」、「Taylor Frigon Capital Partners」など。 HaptXは、Robert Crockett氏とJake Rubin氏によって設立された。 同社が開発した高性能のVRグローブ「HaptX Gloves」はVR専門の企業ユーザー向けであり、リアルな触覚フィードバックと自然な相互作用を備えた触覚シミュレーションを可能にした。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録