WeChatクレジットカード 返済額が5000元を超えると手数料を徴収

36Kr Japan

中国最大のベンチャー・ITメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

マーケティング

WeChatクレジットカード 返済額が5000元を超えると手数料を徴収

微信信用卡还钱下个月要收手续费了,前提是你每月还款超过5000元

现在微信不仅转出要钱,信用卡还钱也得收费了。日前,微信公布了微信信用卡还款收费的新规则,规则指出,微信将对每位用户每自然月累计还款额超5000元的部分,按0.1%收费(最低0.1元),未超出部分无需缴纳手续费。对应多微信账户共享同一身份证的情况,依旧视为共用每月5000元免费额度。信用卡还款收费新规将自12月1日起实施,不过在该月期间,微信还推出相应手续费减免活动,即每人每月累计还款20000元以下,费用全免。未来或将有不定期手续费减免优惠。
微信信用卡还钱下个月要收手续费了,前提是你每月还款超过5000元

微信信用卡还款为位居微信九宫格首位的服务,公开资料显示,其是腾讯财付通与各信用卡中心共同推出的第三方还款平台,用户能通过微信提供的这项服务,一站式管理多张信用卡并快捷还款,目前共支持52家银行信用卡还款。

今日微信支付新规公布后,我们向腾讯方面问询调整原因,官方回应称,由于用户每笔还款都将产生支付的通道手续费,腾讯财付通对此一直在投入补贴,随着信用卡还款业务的迅猛增长,补贴的支付通道手续费也大幅增加,为了适当平衡成本和可持续发展,故对业务规则做出调整。

在信用卡还款加入缴纳手续费大军前,微信2015年开启的转账收费开端曾引起不小波澜。2015年10月,微信宣布转账收费,每人每月有2万元的免费额度,超过部分按0.1%收取,理由是为支付银行手续费。随后不到一年时间,微信停止收取转账费用,转而对提现功能收费,每位用户拥有1000元免费提现额度,超出则按照金额的0.1%缴费,每笔至少收取0.1元。支付宝不久后也开启收费模式,同一身份证下多个实名账户终身共享2万元基础免费额度,包括转账到银行卡、账户余额提现。

目前,支付宝信用卡还款暂时还未收手续费。

总之,该还钱趁早还了吧……否则想少掏钱就只能去发卡行电子银行渠道或者柜面了……

続きを読む

WeChat クレジットカードの返済手数料の新規定の概要

今では、WeChatはお金を引き出すときだけでなく、クレジットカード返済にも手数料をとるようになった。先日、WeChatはクレジットカードの返済時の手数料についての新しい規定を発表した。その規定とは、WeChatがユーザーに対し、毎月の返済額の合計が5000元を超える場合、0.1%の手数料がかかる(最低0.1元)ことを指していて、5000元を超えない場合は、手数料はかからない。同一人物が複数のアカウントを所持することにも対応して、あわせて毎月5000元までを上限に無料としている。返済時の手数料は12月1日から実施されるが、最初の1ヶ月間は、割引キャンペーンを行う予定で、毎月の返済額が2万元以下については、手数料を無料としている。将来的に、不定期的にこのようなキャンペーンを実施するとしている。

WeChat クレジットカードの返済手数料の新規定の説明

• 一人につき毎月の返済額が5000元未満の場合、いかなる手数料も発生しない。
• 同一人物が複数アカウントを所有している場合、複数のアカウントの合計5000元を上限に無料とする。
• 手数料の金額は小数点第2位まで計算するものとし、最低0.1元である。
• ユーザーは返済時に、返済額とあわせて手数料を支払うこととする。
• 第3者返済をする場合、支払側の返済手数料の無料の限度額を充て、被返済側の無料限度額を充てることはしない。
• 2017年12月1日から2017年12月31日までの手数料の割引キャンペーン: 一人あたりの毎月の返済額が2万元未満の場合、手数料は全額無料になる。
• 不定期の手数料割引キャンペーン;理財の返済予約、或いはWeChatクレジットカードの返済機能を使用して、返済が連続して3ヶ月以上の場合、不定期で手数料の割引が受けられる。

WeChatクレジットカード返済が便利

WeChatクレジットカード返済はWeChatが提供する代表的なサービスのひとつだ。テンセント財付通と各クレジットカード会社が共同で推進する第三者返済プラットフォームである。ユーザーはWeChatが提供するサービスを通して、ワンストップで複数のクレジットカードを管理でき、且つ、返済もスピーディに行うことができる。現在のところ、52の金融機関のクレジットカードが使用できる。

クレジットカード返済機能の現状

クレジットカード返済で手数料徴収をはじめる前、WeChatが2015年にローンチした振込の手数料機能について物議を呼んだ。2015年10月、WeChatは振込にかかる手数料について発表した。一人毎月2万元までを無料とし、超えた分は0.1%の手数料を徴収するというものだったが、銀行へ手数料の支払が発生することが個人から徴収を始めた理由だった。それから1年も経たないうちに、WeChatはこれを廃止し、キャッシングに対し手数料を取るように方針転換を図ったのである。一人につき毎回1000元のキャッシングまでの手数料を無料とし、1000元を超えた場合、キャッシングの額の0.1%の手数料がかかるというものだ。
同一人物の複数のアカウントはあわせて2万元を上限に無料としたが、これには銀行カードへの振込や口座残高範囲でのキャッシングが含まれる。
今のところ、アリペイのクレジットカードは手数料の徴収を行っていない。
返済は早めにすること、そうしなければ、結構なお金が銀行に持っていかれてしまうことになりかねない。

お問い合わせフォーム

必須ご氏名
任意貴社名
任意部署名
必須メールアドレス
任意電話番号
必須お問い合わせ種類
必須お問い合わせ内容

送信内容を確認しました。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

Read More