自動車グループに新たなアライアンス誕生、スバルがトヨタの持分法適用会社に

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

自動車グループに新たなアライアンス誕生、スバルがトヨタの持分法適用会社に

メールマガジンに登録

続きを読む

スバル本社の発表によると、2月6日、同社の主要筆頭株主であるトヨタ自動車が、既に合意した業務資本提携に基づき、出資比率を16.8%から20%に引き上げたとのこと。これにより、スバルは実質的にトヨタの持分法適用会社となり、同社の損益は今後トヨタの連結決算に反映されることになる。また両社は、研究開発や生産、販売など、多くの面で提携を強化していく。これに関連して両社は、研究開発コストを大幅に削減するために、中大型電動SUVモデルのプラットフォームを共同開発することを既に発表している。なお、このプラットフォームから生まれたモデルは、両社のブランドでそれぞれ販売されるという。

メールマガジンに登録

関連キーワード

メールマガジンに登録