印スマホ市場が中国に次ぐ世界第二位、ブランド別出荷台数ランキングを発表

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

印スマホ市場が中国に次ぐ世界第二位、ブランド別出荷台数ランキングを発表

メールマガジンに登録

続きを読む

2月7日に米IT専門調査会社「IDC」が発表した2019年のインドスマートフォン(スマホ)市場に関する調査レポートによると、総出荷台数は前年比8%増の1億5250万台で、前年に比べ成長率は小幅にとどまったものの、中国に次ぐ第二の巨大スマホ市場となり、アメリカをリードしたとのこと。レポートによると、2019年インドにおけるスマホ出荷台数ランキングの上位5社は1位シャオミ(4360万台)、2位サムスン(3100万台)、3位「vivo」(2380万台)、4位「OPPO」(1630万台)、5位「realme」(OPPOの海外向けサブブランド、1620万台)だった。

メールマガジンに登録

関連キーワード

メールマガジンに登録