京東とレノボ、3年間で約9400億円の販売目標を達成

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

京東とレノボ、3年間で約9400億円の販売目標を達成

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

2020年1月、京東と「レノボ(聯想)」の発表によると、製品から販売チャネル、ビックデータ、マーケティングに至る全面的な戦略提携に基づき、2016年7月に共同で策定した3年間(2017年1月1日~2019年12月31日)の累計販売目標である600億元(約9400億円)を達成したことを発表した。今回の提携によるコラボ商品として、レノボのノートPC、ゲーミングノートPC、デスクトップPCなど、デジタル分野の製品がラインナップされており、京東でのオンライン販売のほか、デジタル製品や家電を扱う「京東之家」、「京東電脳数碼専売店」、レノボ製品を扱う「来酷生活館」などの実店舗でも販売されている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録