アリババ創業者ジャック・マー、マスク100万枚を日本に寄付

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

アリババ創業者ジャック・マー、マスク100万枚を日本に寄付

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

3月2日、 中国IT最大手のアリババグループ創業者ジャック・マーの「馬雲公益基金会(Jack Ma Foundation)」と「アリババ公益基金会(Alibaba Foundation)」は、新型コロナウイルス肺炎(COVID-19)感染予防のためのマスク100万枚を日本に寄付することを微博(Weibo)で発表した。アリババによれば、100万枚のマスクは両基金会が緊急調達したもので、日本に到着後、「一般社団法人医療国際化推進機構(IMSA)」の名誉理事長である二階俊博氏を介し、緊急に必要とする部署へ配布される。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録