アリババ次世代スーパー「盒馬」:オーガニック野菜新ブランドを立ち上げ

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

アリババ次世代スーパー「盒馬」:オーガニック野菜新ブランドを立ち上げ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

アリババ傘下で次世代スーパーを展開する「盒馬鮮生(Hema Fresh)」が3月4日、オーガニック野菜を取り扱う新ブランド「盒馬有機鮮」をリリースすると発表した。同社関係者によると、上海エリアにおけるオーガニック野菜の販売シェアはカテゴリー全体のうち20%に達するとのこと。同地区で生鮮食品調達ディレクターを務める陳華氏によれば、盒馬のオーガニック野菜プロジェクトは2018年5月から正式に始動しており、当初は上海市周辺に4箇所をピックアップして拠点を置き、7種類のオーガニック野菜を販売するところからスタートしたという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録