テスラ、2月の中国販売台数は3958台、EVカテゴリーの3割を占める

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

テスラ、2月の中国販売台数は3958台、EVカテゴリーの3割を占める

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の自動車業界団体「乗用車市場信息聯席会(CPCA)」が3月9日に発表したデータによれば、2020年2月のテスラの中国市場における新車販売台数は3958台で、電気自動車(EV)カテゴリー全体の約30%を占めた。新型肺炎による同社の販売への影響は比較的小さかったといえる。逆境にも関わらず販売台数が伸びているのと同時に、テスラの生産能力も向上している。新興産業を対象としたコンサルティング機関「高工産業研究院(GGII)」が発表した「動力電池月間データベース」によれば、2月の中国国内におけるEVの生産台数はおよそ1万1900台で、前年比77.4%の減少だという。しかしその中でテスラ上海工場における生産台数は3898台で3割のシェアを占め、新エネルギー車中国最大手の「BYD(比亜迪)」を抜き、EV生産台数で国内トップとなった。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録