テンセントQQとTikTokが「AIダンスバトル」機能をリリース

36Kr Japan

中国最大のベンチャー・ITメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

マーケティング

テンセントQQとTikTokが「AIダンスバトル」機能をリリース

腾讯QQ和抖音都推出了“AI尬舞机”,到底哪个玩起来更让人着魔呢?

移动应用突飞猛进的发展,可以说已经彻底改变了一众吃瓜群众的娱乐消遣。以前我们都得跑到特定的场所去K歌、跳舞、以及抓娃娃,但是目前这些都可以在手掌大小的手机上来完成了。所以,一个人也可以嗨到爆啊。近日,腾讯手机QQ和头条旗下的短视频App抖音先后推出了“高能舞室”和“尬舞机”两大尬舞功能。点开两家的宣传视频,看到小姐姐小哥哥们欢快的舞姿,让人忍不住想跟着节奏一起摇摆,而且通过解锁不同的舞姿还可以获得更高的奖励和排名。昨天,36氪已经介绍了抖音的尬舞机,今天就来说一下QQ的高能舞室。先来看一下视频:想要体验高能舞室的用户,可以打开手机QQ主页,点击位于右上方的“+”模块,然后再点击下一级页面中的拍摄按钮。在新的页面中,点击左边娃娃头像的挂件功能,之后会在下方看到位于最右边的高能舞室模块。不得不说,打开QQ尬舞机的操作确实比抖音要繁琐很多。腾讯QQ和抖音都推出了“AI尬舞机”,到底哪个玩起来更让人着魔呢?
使用QQ尬舞功能的经验,不由让我想起当初寻找QQ厘米秀功能的经历,后者还没有一个统一的入口,只能通过搜索和好友邀请码两种方式来使用。不过该功能上线近两年的时间里,整体大盘用户的规模已经达到2亿人

究其原因,虽然抖音和QQ的用户都倾向年轻人,但与抖音这个新产品不同,QQ已经运行十余年。QQ载体上的功能和用户更为复杂和多元,所以其不得不通过刻意的“平行世界”或者说圈层来满足不同的用户。

说回正题,QQ的高能舞室怎么玩?其实整体操作与抖音的尬舞机类似。目前,QQ支持四种尬舞背景音乐。在选定一种音乐后,通过简单的身体动作识别后,就可以开始尽情释放舞蹈荷尔蒙了。

腾讯QQ和抖音都推出了“AI尬舞机”,到底哪个玩起来更让人着魔呢?

用户只需要根据屏幕上的动作提出做出相应的动作,系统就会根据动作完成的契合程度给出“great”、 “good”、 “miss”等回应,完成一曲后就会得到相应的分数。

腾讯QQ和抖音都推出了“AI尬舞机”,到底哪个玩起来更让人着魔呢?

录制完成后,用户还可以对自己的尬舞视频进行回放观看,也可以进行涂鸦、音乐编辑操作。相比起来,抖音的尬舞视频似乎不能再进行编辑了。对录制好的视频完成再次创作后,用户可以保存在本地或者看心情分享给好友。

腾讯QQ和抖音都推出了“AI尬舞机”,到底哪个玩起来更让人着魔呢?

对于抖音尬舞机这一项黑科技,对方回应36氪是应用了今日头条 AI Lab 自主开发的“人体关键点检测技术”。依靠这项技术,抖音能够检测到图像中所包含人体的各个关键点的位置,从而实现从用户姿态到目标姿态的准确匹配。

而QQ高能舞室,则使用了腾讯AI Lab计算机视觉中心提供的“肢体动作追踪”技术。据腾讯QQ方面介绍,这也是该项技术首次落地到移动端。

当用户使用跳舞功能时,系统会要求用户和先做一个指定的姿势。其实,这时AI就已经在用户身上识别并“打上”了虚拟的关键点。而当用户开始在镜头前放飞自我时,AI通过对人体22个关键点的实时和高精度的检测,计算出用户现在的动作,并与系统预先设定的动作进行比对,这样就可以为用户打分了。

腾讯QQ和抖音都推出了“AI尬舞机”,到底哪个玩起来更让人着魔呢?

(人体关键点检测追踪示例)

腾讯QQ方面还介绍,AI Lab的这项技术还通过网络结构优化、教师-学生式训练等多种方法,大大降低了模型的计算复杂度,使其既能保证高精度,又能实时进行,无论在单人还是多人场景都有很好的表现。

腾讯QQ和抖音都推出了“AI尬舞机”,到底哪个玩起来更让人着魔呢?

(多人关键点监测和追踪示例)

此外,QQ“高能舞室”功能还实现了与高通在AI领域的首次合作。通过高通骁龙神经处理引擎(Snapdragon Neural Processing Engine, SNPE)SDK,让QQ“高能舞室”应用可以直接在手机上,而不需要在云端运行QQ相应的AI神经网络。

腾讯QQ和抖音都推出了“AI尬舞机”,到底哪个玩起来更让人着魔呢?

虽然两家公司先后推出了AI尬舞功能,而且都声称自己是第一家使用人体关键点/肢体动作追踪技术的公司,不过具体来说还是存在很多不同。到底哪一家更好玩,还需要你们亲测了?

続きを読む
原文

破竹の勢いで拡大を続けるモバイルアプリは、人々の娯楽形態を大きく変えてきた。これまではカラオケやダンス、UFOキャッチャーのためにわざわざ出かけていたのが、今や片手に収まるスマホの中ですべて完結するようになり、誰も誘わなくても存分に楽しめるようになった。

先日、テンセントのモバイルQQとショートムービーアプリのTikTokが「高性能ダンスルーム」と「ダンスバトルマシン」というダンスバトル機能を相次いでリリースした。両社の宣伝ムービーを開くと、なんとも楽しそうに踊っている様子をみていると、自分まで体が動き出す。様々なダンススタイルをアンロックすると、更なるボーナスやランキング順位がもらえるということである。TikTokのダンスバトル機能についてはすでに記事で紹介しているので、今回はQQの高性能ダンスルームを詳しく見てみたいと思う。

このダンスルームを使用するにはまず、モバイルQQアプリのトップページを開き、右上にある「+」のボタンをタップしてから表示されたメニューの中のカメラを選択する。カメラ画面の左側にある女の子のマークをタップして表示されるフィルターの一番右側に高性能ダンスルームがある。QQのダンスバトル機能を開くのに必要なタップ数は、TikTokに比べてずっと多い印象だ。

QQのダンスバトル機能を使った感覚は、以前に「QQ厘米秀」機能の使い方を模索したのを彷彿とさせる。このQQの機能は共通の入り口があるわけではなく、検索するか友人からの招待コードをもらってはじめて使用することができた。とはいえこの機能もリリースから2年近く経っており、ユーザーも今や2億人に上っている。
TikTokとQQのユーザーはどちらも若年層に集中しているが、TikTokが新しいアプリなのに対してQQの運営は10年を超えており、この点がアプリの違いを生んでいると思われる。QQの機能とユーザー層はより複雑かつ多元化しており、このため「パラレルワールド」やサークルなどにより異なるユーザーのニーズを満たすようになったのである。
では、QQの高性能ダンスルームはどのようにプレイするのだろうか。全体的な操作はTikTokのダンスバトル機能とあまり変わらない。今のところQQでは4種類の曲が用意されており、曲を選択してから簡単な動作認識を行えば、すぐにアドレナリン全開で踊ることができるようになっている。

画面上の表示にあわせて同じ動作をするだけで、システムが動作の精度により「great」、「good」、「miss」などの判定を出し、曲の終了後には点数が表示される。

録画が終わってからも、自分のダンスバトルのムービーを見返したり編集を行ったりできる。ちなみに、TikTokのダンスバトルにはこの編集機能はないようだ。編集が終わったムービーはローカルに保存できるだけでなく、ほかのユーザーと共有することも可能である。

TikTokのダンスバトル機能の技術については、今日頭条AI Labの自社開発した「人体キーポイント測定技術」を応用しているということだ。この技術により画像に含まれている人体の各キーポイントを測定し、ユーザーの姿勢と目標とする姿勢がどれほど一致しているかを正確に判断することが可能になった。
対して、QQの高性能ダンスルームで使用されているのは、テンセントAI Labビジュアルセンターが提供する「身体動作トラッキング」技術だ。テンセントQQによれば、今回初めてこの機能がモバイル端末に応用されたということである。
QQでダンスバトル機能を使用するとき、ユーザーはまず指示に従って特定の姿勢をとる必要がある。この時、AIはユーザーの身体にバーチャルのマーカーを付ける。そしてダンスの最中、AIが身体上の22のマーカーに対してリアルタイムの高精度測定を行ってユーザーの現在の動作を計算し、システムに組み込まれた動作と比較を行った結果、点数がはじき出されるというわけだ。

テンセントQQによれば、このAI Labの技術はネットワーク構造の最適化や教師-生徒の訓練など様々な方法により計算が大幅に簡略化された結果、高性能でありながら1人でも複数の場合でもリアルタイムで正しい判定が出せるようになったということだ。

さらに、この「高性能ダンスルーム」機能においてアメリカのクアルコム社と初めてAI分野での提携が実現したということである。クアルコム社のSNPE(Snapdragon Neural Processing Engine)SDKを導入したことで、クラウド上でAIネットワークを使うことなく、スマホ上でそのままQQ高性能ダンスルームを使用することが可能になった。

QQとTikTokの両社は相次いでAIダンスバトル機能をリリースし、それぞれが人体キーポイント測定技術と身体動作トラッキング技術を初めて応用したと語っているが、実際両社のアプリには多くの相違点がある。どちらのアプリがよりハマるか、それはぜひご自分で確かめてみなさい。

お問い合わせフォーム

必須ご氏名
任意貴社名
任意部署名
必須メールアドレス
任意電話番号
必須お問い合わせ種類
必須お問い合わせ内容

送信内容を確認しました。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

Read More