「アリババ・ピクチャーズ」子会社、ネットバラエティ番組制作の「銀河酷娯」を買収

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

「アリババ・ピクチャーズ」子会社、ネットバラエティ番組制作の「銀河酷娯」を買収

続きを読む

3月18日夜、映画制作、配給会社の「アリババ・ピクチャーズ(阿里巴巴影業)」は、傘下の「阿里巴巴影業(浙江)」が同日、ネットコンテンツ制作会社「銀河酷娯(YINHEKUYU MEDIA)」の株主と株式譲渡契約を結び、同社の株式60%を取得すると発表した。総対価は最大でも4億円(約62億円)未満だという。

銀河酷娯は、人気ネットバラエティ番組『火星情報局』の制作会社。アリババ・ピクチャーズによれば、銀河酷娯はバラエティ番組制作において豊富な経験を有しており、同社のバラエティ番組制作事業を組み入れ、アリババ・ピクチャーズ社内にバラエティ番組制作チームを構築することで、「映画+ドラマ+バラエティ」という全カテゴリーにおける制作能力の強化を図れるようになるとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録