企業向け団体保険プラットフォーム「保険極客」:シリーズCで約27億5000万円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

企業向け団体保険プラットフォーム「保険極客」:シリーズCで約27億5000万円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

企業向け団体保険プラットフォーム「保険極客(Insgeek)」を運営する「鯨鸛科技(Shoebill Technology)」がシリーズCで2500万ドル(約27億5000万円)を調達した。リード・インベスターは「海納亜洲創投基金(SIG Asia Investment)」と「華興新経済基金(Huaxing Growth Capital)」。

保険極客は2016年にシリーズA+で5000万元(約7億8000万円)、2018年にシリーズBで1億元(約15億5000万円)を調達しており、今回を含めて累計調達額は4億元(約62億円)あまりとなる。

保険極客は2014年に設立され、技術革新を通じて、企業に福利厚生制度としての従業員保険と健康管理ソリューションを提供する。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録