ホテルチェーン「軽住」が数十億円を調達 中国ホテル市場にチャンス

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

ホテルチェーン「軽住」が数十億円を調達 中国ホテル市場にチャンス

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

3月19日、中国国内の既存ホテル向けに、改装から運営管理サービスまでを手掛けるホテルチェーン「軽住酒店(Qingzhu)」が、シリーズBで数千万ドル(数十億円)を調達した。リード・インベスターは「紀源資本(GGV Capital)」およびベルギーの「Sofina Group」、コ・インベスターは既存株主の「セコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国基金)」と「XVC」。軽住は2019年1月の設立から半年間で3回の資金調達を行い、合計数千万ドル(数十億円)を調達している。

ここ2年ほどのホテル市場において、独立系ホテルの標準化とブランド化が、最も顕著な傾向の一つである。ホテルのチェーン化率は、米国では70%、欧州では40%であるのに対し、中国では20%にも満たない。このため中国市場には新たなホテルチェーンが誕生するチャンスがあると目されており、インドのホテルチェーン「OYO」や、中国の大手ホテルおよびオンライン旅行代理店が相次いで参入している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録