テンセントが米ユニバーサルミュージック株の10%を取得完了、音楽事業強化

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

テンセントが米ユニバーサルミュージック株の10%を取得完了、音楽事業強化

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

テンセントの子会社で中国最大手の音楽配信サービス「テンセント・ミュージック・エンターテインメントグループ(騰訊音楽娯楽集団;TME)」が3月31日に出した発表によると、 同社も参加する「テンセント・ホールディングス(騰訊控股)」率いるコンソーシアムが、世界3大レコード会社の1つ「ユニバーサル・ミュージック・グループ(Universal Music Group;UMG)」の株式10%の取得を完了した。

今回の取引で、UMGの企業価値は株式100%で300億ユーロ(約3兆5000億円)と評価された。コンソーシアムは、2021年1月15日までの期間に、今回と同等の評価額であと10%の株式を追加購入できるオプションがある。

テンセントの音楽事業はこれでさらにグローバル化を加速できる。今後、同社はUMGが保有するTaylor Swift(テイラー・スウィフト)やLady Gaga(レディ・ガガ)などの人気アーティストの楽曲を利用可能になる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録