中国の5G受注合戦、ファーウェイが圧倒的勝者か 半数以上を落札

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

中国の5G受注合戦、ファーウェイが圧倒的勝者か 半数以上を落札

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国における5G移動通信実用化の加速に伴い、設備の受注合戦がますます熾烈になっている。3月31日、中国移動(チャイナモバイル)の5Gモバイルネットワーク主要設備に対する、第2期調達の入札結果が明らかになった。受注シェアは、またしても最大シェアを確保したファーウェイ(華為科技)が57.2%、2位の「ZTE(中興通訊)」が28.71%、3位のエリクソンが11.46%、4位の「大唐電信(Datang Telecom)」が2.63%となった。ノキアは見積価格が高く入札から排除された。

中国移動は、2020年のうちに5G基地局30万基を設置するという目標を前倒しでクリアしたが、今後は年内に、全国の地級(主として中国の市レベル)以上の中~大都市における5G商用サービス提供を確実に行っていくとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録