ワクチン開発「康希諾生物」、新型コロナワクチン開発で連日の株価急騰

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

ワクチン開発「康希諾生物」、新型コロナワクチン開発で連日の株価急騰

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

「康希諾生物(CanSinBIO)」はワクチンの研究開発、生産、ビジネス化を手掛けるハイテクバイオ企業で、肺炎、結核、エボラウイルスなど多くの伝染病に対応する15種類のワクチン製品を有している。

3月4日に同社が新型コロナウイルスのワクチン開発を行っていると発表して以来、康希諾生物(06185.HK)の株価は上昇し続けており、累計の上昇率は34%に達している。香港取引所の情報によると、3月27日、The Capital Group Companiesが康希諾生物の株式、56万600株を追加取得し、これは金額にして6629万4300香港ドル(約9億2860万円)となった。この追加取得により、同社の最新の持ち株数は1779万600株となり持ち、持ち株比率は13.41%となった。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録