2019年、国際特許出願件数は中国が米を破りナンバーワンに

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

2019年、国際特許出願件数は中国が米を破りナンバーワンに

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

世界知的所有権機関(WIPO)が4月7日に発表した最新のレポートによると、国際特許出願件数で、2019年は中国がアメリカを抜きトップに立ったとのこと。レポートによれば、中国がWIPOの「特許協力条約(PCT)」システムに基づいを通じて申請した特許の件数は5万8990件(2018年は5万3345件)で、世界第1位となり、2位のアメリカは5万7840件(同5万6142件)で第2位だった。第3位以降は日本、ドイツ、韓国と続き、2018年と順位に変動はなかった。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録