バイトダンス 証券取引業務への進出を否定

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

バイトダンス 証券取引業務への進出を否定

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

4月15日、ショート動画アプリ「TikTok」を手掛ける「バイトダンス(字節跳動)」は、株式口座開設および株式取引の業務に参入するという、先頃の報道に対して回答を示した。それによると、同社が手掛ける株式アプリ「海豚股票」は、サードパーティのインターネットプラットフォームとして、証券会社との提携の際に、情報および技術サービスを提供するだけで、証券業務関連のプロセスには全く関与していないとのこと。また手数料の配分もなく、直接の口座開設や実際の取引はできないという。さらに、海豚股票で示されるページは、いずれも証券会社により提供されたものであり、口座開設や取引については、全て証券会社のページで手続が行われるとしている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録