FacebookのユーザーはInstagramではなく、ライバルのSnapchatに流れる

36Kr Japan

中国最大のベンチャー・ITメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

マーケティング

FacebookのユーザーはInstagramではなく、ライバルのSnapchatに流れる

Facebook的用户没有流向Instagram,反而去拥抱死对头Snapchat了

一直以来,Facebook及其旗下的Instagram都在“花式抄袭”Snapchat,以期从后者手中抢走更多用户。此前,Instagram还放言要与Snapchat抢广告主。然而最新的调查数据却显示,Facebook的用户正在流向其竞争对手Snapchat。近日,来自市场研究机构eMarketer的最新数据显示,预计2018年Facebook的美国用户将达到1.695亿人,Instagram的用户将达到1.047亿人,而Snapchat的用户也将达到8650万人。Facebook的用户没有流向Instagram,反而去拥抱死对头Snapchat了
不过,该机构还预测,今年Facebook在美国市场大概会流失200万名25岁以下的年轻用户,然而死对头Snapchat却会增加190万名用户。具体到明确的年龄分层,Facebook的用户都出现不同程度的下滑:12岁以下的用户中,同比下滑9%;12岁-17岁的用户中,同比下滑6%;18岁-24岁的用户中,同比也下滑约6%。Facebook的用户没有流向Instagram,反而去拥抱死对头Snapchat了

美国12岁到17岁的年轻用户,正在从Facebook迁移到Instagram、Snapchat

而在英国,Facebook遭遇了同样的处境。据EMarketer数据,预计英国71%年龄在12岁到17岁的用户会使用Facebook,比上一年的预期增幅下降了8%。但是,Snapchat的用户增长幅度大概为43%,这一数字大概是三年前的两倍之多。

对此,eMarketer的首席分析师德巴拉·亚霍·威廉亚姆森(Debra Aho Williamson)在一份声明中表示,“Snapchat最终会获得更多年龄稍大用户的青睐,而且这也会拉动该应用的用户数量增长,因为该应用在重新设计了平台之后,用户使用起来更加便捷了。当前的问题是,更加年轻一代的用户如果发现他们的父母、甚至是祖父母也在使用Snapchat的话,会不会选择离开这个平台。这就像Facebook当前面临的困境一样。”

Facebook的用户没有流向Instagram,反而去拥抱死对头Snapchat了11月初,Snapchat为了提高用户的使用体验,采用了全新的设计。比如,将应用中的社交功能和媒体功能隔离开来,让用户与好友就所发的内容进行更好的互动,加大来自自媒体的视频内容等。为此,外媒CNBC还对各种新功能进行了详细的报道。然而,用户的反应却不热烈,很多人甚至签署请愿书要求改回旧版本。

Snapchat刚出现时,尽头强劲,而且各种新功能颇受年轻人喜欢。为了抑制Snapchat的发展,Facebook及其旗下的Instagram开展了对Snapchat的“花式抄袭”。最终,成果初现。Snapchat甚至在财报中指出,用户增长放缓受到了Facebook产品矩阵的影响。而这一次,Facebook也打算继续进行狙击,比如推出面向孩子的新版本Messenger。

EMarketer的分析师Bill Fisher认为,尽管Facebook在美国和英国的用户已经远远超过Snapchat、Instagram和Twitter,但年轻用户的流失让其所面临的“青年问题”不再停留在理论阶段。他还表示:“如今有越来越多的年轻用户受到Snapchat的影响。对于Snapchat来说,它的挑战和机遇在于如何吸引更多的核心年轻用户。

続きを読む

今までFacebookとその傘下にあるInstagramは、Snapchatと同じ市場に存在し、Snapchatから多くのユーザーを奪い取っていた。それ以前にもInstagramはSnapchatとスポンサーを取り合う発言をしていた。

しかし最近の調査データによると、Facebookのユーザーは、ライバルのSnapchatに流れていることを示している。最近の市場研究機関eMarketerによると最新のデータは2018年米国のFacebookのユーザーは1億6950万人、Instagramのユーザーは1億470万人、Snapchatのユーザーは8,650万人に達していることを示している。

またこの機関は、今年Facebookは米国市場で25歳以下のユーザー200万人を失い、一方ライバルのSnapchatはユーザーを190万人増加させると予測している。具体的な年齢別には、12歳以下のユーザーは9%、12歳から17歳のユーザーは6%、18歳から24歳のユーザーは6%それぞれ減少すると見ている。

Facebookはイギリスでも同じような状況となっている。eMarketerのデータによると、12歳から17歳の年齢層の71%がFacebookを使用しており、1年前に比べると増加幅が38%減少している。それに比べてSnapchatのユーザーの増加幅は43%となっており、3年前の二倍強にあたる。

これに対し、eMarketerの首席アナリストのDebra Aho Willianson氏はプレスリリースの中で、“Snapchatは最終的にもっと高い年齢層の人気を得て、ユーザー数をもっと増やして行き、また新たにプラットフォームを設計した後に、ユーザー数は速いスピードで増加していくでしょう。

当面の問題は、若い世代が自分の父母や祖父母がSnapchatを使用しているのを見て、Snapchatから離れていかないかということです。これはFacebookも直面している大きな問題です。”と語っている。

11月初めにスナップチャトはユーザーの使用体験を高めるために、新しい設定を採用した。例えば社交機能と媒体機能を分離して、ユーザーが友人とよりよい連携ができるようにして、自社のビデオの内容等を拡大した。これによりCNBCはそれぞれの新機能を詳細に報道した。しかしユーザーの反応はあまり良いものではなく、多くの人は元のバージョンに戻ることを希望するための手続きをしている。

Snapchatが市場に出てきた時には、そのインパクトは強く、更にその機能は若者たちに大変歓迎された。Snapchatのシェアー拡大を止めるために、Facebookと傘下にあるInstagramはSnapchatの“まね”を展開した。その成果は表れている。Snapchatもその業績報告の中で、ユーザーの増加はFacebookのマトリックスの影響で緩やかになっていると指摘している。しかも今回Facebookは新たな攻勢、例えば子供向け新版Messengerの販売を進める予定である。

eMarketerのアナリストBill Fisherによると、Facebookは米国とイギリスではそのユーザー数はSnapchatとInstagramとTwitterを大きく上回っているが、若年層のユーザーの流出は、“若年層問題”がすでに理論上の問題に留まらないことを表していると見ている。また更に彼は、「Snapchatの影響を受けている若年層のユーザーが日増しに増加しています。Snapchatにとって、現在の挑戦すべき課題は、いかに多くの若年層ユーザーを取り込むかにあります。」と述べている。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手