Apple、21インチiMacと11インチiPad Airを2020年中に発売か 新型 iPad Proは開発に遅れ

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

Apple、21インチiMacと11インチiPad Airを2020年中に発売か 新型 iPad Proは開発に遅れ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

台湾メディア中時電子報(China Times)の報道によると、Appleは2020年暮れに23インチのiMacと11インチのiPad Airの発売を計画しているという。サプライチェーンについては、iPadはこれまで通り台湾の「鴻海精密工業(Hon Hai Precision Industry)」と「コンパル・エレクトロニクス(仁宝電脳工業)」が受託製造を行う。ディスプレイは韓国のLGディスプレイ、シャープ、中国の京東方(BOE)が供給し、中でもLGディスプレイが供給量の大半を占めるという。バックライトモジュールは台湾の「瑞儀光電(Radiant Opto-Electronics)」により独占的に供給され、タッチパネルは「宸鴻光電科技(TPK)」と「業成(GIS)」が担当する。23インチのiMacは台湾の「広達電脳(Quanta Computer)」に組立製造を全て委託し、ディスプレイはLGディスプレイが、バックライトモジュールは瑞儀光電が供給する。一方、大いに期待を集めているミニLEDバックライト搭載のiPad Proは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて開発が遅延し、2021年に量産開始がずれ込む見通しだ。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録