アップル、今秋発売の5G対応iPhoneに京東方(BOE)製OLEDを採用か

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

アップル、今秋発売の5G対応iPhoneに京東方(BOE)製OLEDを採用か

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米アップルのiPhoneはここ3年間主にサムスンの有機ELディスプレイ(OLED)を採用しているが、2020年はそこに新たなメンバーが加わるかもしれない。技術系メディア「Techweb」が4月28日に伝えた報道では、アナリストの話として秋に発売されるとみられる5G対応の新型iPhoneのうち、5.4インチ版モデルに中国ディスプレイ製造大手「京東方(BOE)」のOLEDが使われる可能性を伝えている。同モデルは600~700ドル(約6万4000~7万5000円)の金額設定とされているが、これは京東方がより有利な価格で供給しているからこその値段なのだとアナリストは述べる。また、研究調査機関「DSCC(Display Supply Chain Consultants)」が4月27日に伝えたニュースによると、サムスンのモバイル通信部門は現在、同社製スマートフォン「Galaxy S」および「Galaxy A」シリーズで京東方のディスプレイを採用する交渉に入っているという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録