中国初のHPVワクチンが間もなく発売、5月から予約開始でワクチン不足に光

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国初のHPVワクチンが間もなく発売、5月から予約開始でワクチン不足に光

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

厦門大学とバイオベンチャーの「厦門万泰滄海生物技術有限公司(INNOVAX)」が共同開発した、中国初となる国産ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンが国家薬品監督管理局の生物製品販売許可証を取得し、間もなく発売されることになった。5月から接種の予約が可能になる。中国は米英に次ぎ、世界で3番目にHPVワクチンの自国供給を実現した国となった。子宮頸癌は現在、HPVワクチン接種とスクリーニング検査により予防可能となっている。中国は子宮頸癌の発症率が高く、10億本のHPVワクチン不足に直面している。研究チームは、同ワクチンの実験室における研究及び臨床前研究に7年をかけ、技術的難題をクリアした。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録