テスラが2020年1Q決算発表、自動車販売の粗利率が過去18ヶ月間で最高

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

テスラが2020年1Q決算発表、自動車販売の粗利率が過去18ヶ月間で最高

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

4月30日、米電気自動車(EV)大手テスラ(Tesla)が株主宛の書簡の中で、2020年第1四半期、自動車販売の粗利益率が25.5%、総合粗利益率が20.6%となり、過去18ヶ月間で最高レベルに達したことを明らかにした。GAAPベースの粗利益率については、上海ギガファクトリーの収益性向上、燃費規制クレジットの販売収入の増加、納入台数の減少、小型SUV(スポーツ用多目的車)「モデル Y」とソーラールーフィングの増産コストおよびエネルギー貯蔵製品の納入台数の減少などによる影響を受けたとしている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録