レンタルスペースの「隣匯吧」、ロケーション選定ツール「Location」をローンチ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

レンタルスペースの「隣匯吧」、ロケーション選定ツール「Location」をローンチ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

イベントスペースの賃貸予約サービスを提供する「隣匯吧(Linhuiba)」が、シリーズB3で資金を調達した。出資者は「36Kr」傘下ファンドと「余杭産業基金(Yuhang Industry Fund)」。また、隣匯吧はオフラインマーケティング用スマートロケーション選定ツール「Location」をローンチした。

隣匯吧は2015年に設立された。遊休商業スペースの情報化、データ化を通じ、企業の現地プロモーション活動、ポップアップストアや無人販売設備の設置などのマーケティング活動向けに、データ化されたロケーション選定や予約サービスを提供している。現在、隣匯吧は中国最大を誇るマルチチャネルのロケーション標準データバンクを擁しており、この5年間に50都市以上で2万箇所以上のスペースを管理している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録