ミニプログラム2018年の新たな方向性―さらなるビジネスパートナーに

36Kr Japan

中国最大のベンチャー・ITメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

マーケティング

ミニプログラム2018年の新たな方向性

最前线 | 微信小程序透露2018年新方向:为合作伙伴挣更多钱

小程序2018年的方向是什么?今天,微信开放平台基础部副总经理胡仁杰透露,小程序的新方向是为合作伙伴挣更多钱。在小程序发展的四百多天里,有很多变化。用户侧方面,缩短了用户获取移动互联网服务的时间。微信已经成为了很多用户获取移动互联网服务的第一站。生态侧方面,小程序极大的丰富了整个生态,包括促进开发者的生态。最近有投资人透露,很多开发者通过开发小程序收入不菲。小程序2018年开发的方向,主要是优化小程序的服务,兼容更多业务形式。其次,降低小程序的门槛。第三点,持续的识别优质的第三方,可以更快的完成审核。第四,搭建小程序开发社区。第五则是举办小程序比赛。

另外,微信也会为小程序找到更多的流量入口,通过位置等找到小程序。同时,微信与企业微信也在做打通,这里也有很大的机会。

商业变现方面,可以提供更多的数据,支持电商和零售等。广告上,过去一段时间小程序也做了很多的努力。

微信开放平台基础部高级产品经理林兴表示,目前小程序广告组件已全量支持推广品牌活动、电商、移动应用及公众号等4个类目的广告。另外,还在内测的小程序广告组件下一步将继续开放,会有更多小程序开发者变身为“流量主”享有广告收益。2018年,小程序还将提供更多促成交易的能力,包括电商工具等。

下一步,微信将很快支持各个APP直接打开小程序,满足异业合作的场景。同时,小程序还会做优化,让用户更快的找到经常用的小程序。

对于小程序的入口,微信开放平台高级经理林兴表示,目前小程序已经有50多个入口,主要有三大类型:

  • 线上发现入口,比如搜索、历史用过、聊天。
  • 服务与服务之间的入口,通过小程序公众号和App,进行下载和使用。微信将很快支持各个APP直接打开小程序,满足异业合作的场景。
  • 线下入口方面,可以通过扫码、附近和设备来找到小程序。小程序的愿景,是让大家探索更多线下生活。

36氪此前报道,2016年1月9日,腾讯应用号正式启动;2017年1月9日,腾讯小程序正式上线;2018年1月9日,小程序迎来了一周年。在今年1月18日的“2018年微信公开课Pro版大会”上,微信官方首次公布了小程序的阶段性成绩单:

彼时,小程序的日使用用户数达到1.7亿,总数超过了58万。小程序不仅在一二线城市被接受,而且在三四线及以下城市的覆盖数达到50%。

与此同时,过去一年里,小程序发布能力32次,共计100余项,平均一周半就发布一次能力。而小程序开发者已经超过100万,小程序第三方平台数也已经超过2300家。

对于小程序的发展,上线半年前还比较沉寂,这与团队的克制不无关系。但2017年下半年小程序的发展开始爆发。对于这款产品,腾讯高层也相当重视。

在这次峰会上,腾讯董事会主席兼首席执行官马化腾表示,小程序是中国IT界的一大创举。同时,小程序也是中国数字化进程中,腾讯可以贡献的七大利器之一。其中,目前智慧零售的很多应用都跟小程序关系密切。

而张小龙在去年的“2018年微信公开课Pro版大会”上透露,小程序是他们花最多时间来做的,也是最大的项目。为什么这么看好小程序?张小龙认为,小程序代表一种表达方式。未来万事万物都包含信息,而小程序刚好是各种信息的载体、表达方式。

続きを読む
原文

微信(WeChat)のオープンプラットフォーム基礎部の副総経理 胡仁杰氏は、ミニプログラムの新たな方向性が、「さらなるビジネスパートナー」だと指摘した。

ミニプログラムがサービスを展開してからの400日余りで数多くの変化があった。ユーザー面では、ユーザーがモバイルネットワークサービスを探し出す時間を短縮した。微信(WeChat)は、多くのユーザーがモバイルネットワークを探し出す最初の入口となることに成功した。「生態」面では、開発者の生態系の成長促進を含め、ミニプログラムは生態系全体をはるかに豊富にすることに貢献した。

2018年のミニプログラム開発の方向性

最近、ある投資者によれば、多くの開発者がミニプログラムを開発することでかなりの収入を得ていると指摘している。

2018年のミニプログラム開発の方向性は、(1)ミニプログラムのサービスを最適化し、さらに多くのサービス形式を包含できるようにすること。(2)ミニプログラムのハードルを下げること。(3)引き続き優良な第三者を識別し、よりスピーディに審査を完了すること。(4)ミニプログラムの開発コミュニティを設置すること。(5)ミニプログラムの試合を開催することである。

また、微信(WeChat)もミニプログラム用にさらに多くの流量入口(利用流入経路)を見つけ、位置などからミニプログラムを見つけ出せるようにする。同時に、微信(WeChat)と企業微信も一本化を行っており、ここにもさらに大きなチャンスがある。

ビジネスの変化の面では、eビジネスと小売業などを支持するもっと多くのデータを提供することができる。広告についても、これまでの一定期間ミニプログラムはかなり多くの努力を払ってきた。

微信(WeChat)オープンプラットフォーム基礎部の高級製品経理 林興氏によれば、現在ミニプログラムの広告コンポーネントはブランド推奨プロモーション、電子商取引、モバイルアプリ及び公式アカウントなど4つの類別の広告を全面的に支持している。また、内部にあるミニプログラム広告コンポーネントは今後さらに開放され、さらに多くのミニプログラム開発者が「流量主(フローマスター)」になって広告収益を享受することになるだろう。2018年、ミニプログラムは取引を促す方法をさらに多く提供していく。

次のステップとして、微信(WeChat)はそれぞれのアプリから直接ミニプログラムを開けるようにし、異業種協業の夢をかなえられるようにするだろう。同時に、よく使うミニアプリをユーザーがすぐに見つけられるようにミニプログラムをさらに最適化する予定だ。

ミニプログラムの入口

林興氏いわく、現在ミニプログラムはすでに50余りの入口を有しており、主に3大類別があります。

・オンラインで見つける入口。例えばサーチ、使用履歴、チャットなどです。

・サービスとサービスの間の入口。ミニプログラム公衆号とアプリを通してダウンロードし、使用します。微信(WeChat)はそれぞれのアプリから直接ミニプログラムを開けるようにし、異業種協業の夢をかなえられるようにするでしょう。

・オフラインの入口については、QRコード、至近距離及びデバイスでミニデバイスを見つけられるようにします。ミニプログラムの願いは、全ての人がさらにオフライン生活を探索できるようにすることです。

ミニプログラムの発展

36Krのニュースによれば、2016年1月9日にテンセント応用号(アプリアカウント)が正式にスタート、2017年1月9日にテンセントミニプログラムが正式に立ち上がり、2018年1月9日にミニプログラムが1周年を迎えた。今年1月18日の「2018年微信(WeChat)公開授業プロ版大会」において、微信(WeChat)のオフィシャルサイトは初めてミニプログラムの段階的な成績表を発表した。

このとき、ミニプログラムの1日使用ユーザー数は1.7億に達しており、総数は58万を超えていた。ミニプログラムは大都市圏で受け入れられているだけでなく、地方都市でのカバー数は50%に達した。

これと同時に、過去1年間の間に、ミニプログラムは機能の発表が32回あり、計100項余りに及び、平均1週間半に一度機能の発表があった。しかもミニプログラムの開発者はすでに100万人を超えており、ミニプログラムの第三者プラットフォーム数もすでに2300件を超えている。

ミニプログラムの発展については、立ち上げ半年前までは比較的静かだったが、これはチームの自制心と関係がある。しかし、2017年の後半年にはミニプログラムの発展が爆発的に始まった。この製品に対しては、テンセントの上層部も相当重視している。

今回のトップ会議で、テンセント董事会主席兼主席執行役員の馬化騰氏は、ミニプログラムが中国IT業界における一大快挙であると指摘している。同時に、ミニプログラムは中国のデジタル化過程において、テンセントが貢献できる7大利器の一つである。中でも、現在スマートリテールの数多くのアプリはその多くがミニプログラムと密接な関係がある。

張小龍は、去年の「2018年微信(WeChat)公開授業プロ版大会」において、ミニプログラムは自分たちが一番多くの時間をかけて作成したものであり、最大のプロジェクトでもあると表明している。なぜこれほどミニプログラムに期待するのだろうか?張小龍によれば、ミニプログラムは一種の表現方法を表している。未来の傾向として今後は何事も情報を含むようになるものであり、ミニプログラムはちょうどそれら各種情報の運び手となり、表現方法となるのである。

お問い合わせフォーム

必須ご氏名
任意貴社名
任意部署名
必須メールアドレス
任意電話番号
必須お問い合わせ種類
必須お問い合わせ内容

送信内容を確認しました。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

Read More