山西の市政府がEC「拼多多(Pinduoduo)」と提携、ライブコマースで地元農産物を販売

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

山西の市政府がEC「拼多多(Pinduoduo)」と提携、ライブコマースで地元農産物を販売

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

5月18日、山西省の運城市政府が、ソーシャルECプラットフォーム「拼多多(Pinduoduo)」と戦略的パートナーシップ協定を締結し、共同で「好喫運城 e購河東(おいしい運城 河東(運城の古称)でeコマース)」と題したキャンペーンを開始した。締結当日、運城市の儲祥好市長と崔元斌副市長、および運城市下12市県の首長たちが、リレー形式で運城の特産品を紹介した。データによると、5月18日12時半の時点で、配信時間が4時間以上に及んだ運城市の「農産品線上大聯播(農産物オンライン大放送)」は、180万人以上の消費者が視聴した。運城市全体の農産物の売上は、2019年の1日平均と比べると350%も増加し、拼多多のプラットフォームでは運城リンゴや小麦粉などが人気検索ワードとなった。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録