アリババの阿里本地生活大学が始動 ライブ配信パーソナリティを10万人養成

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

アリババの阿里本地生活大学が始動 ライブ配信パーソナリティを10万人養成

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ローカルライフサービス従事者のデジタルスキル向上を図るため、アリババにより創設された「阿里本地生活大学」の運営が、5月21日に開始された。2020年はライブ配信キャスター10万人の養成および認定がなされる計画だ。ライブ配信パーソナリティの養成では、ライブ配信の基本スキル、ユーザーインサイト解析、フォロワー運用、データツール活用などについてのトレーニングが行われる。

また同グループの地域密着型生活関連サービス「阿里本地生活服務(ALSC)」も事業者と提携し、10万社に上るローカルサービス企業に、ライブ配信ルーム開設のためのサポートを提供する。

Eコマース経済にとって、ライブ配信は新たな成長点となっている。「中国インターネット情報センター(CNNIC)」のデータによると、2020年3月時点で、中国におけるオンラインショッピングのユーザー数は7億1000万人に達しているが、このうちライブコマースのユーザーは、全オンラインショッピングユーザーの37.2%に当たる2億6500万人に達している。ライブコマースの市場規模は2020年には9610億元(約14兆円)に達するだろうと見込まれている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録