食レビューに暗号通貨の報酬、日本グルメSNS「SynchroLife」がシリーズAで約2億8000万円調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

食レビューに暗号通貨の報酬、日本グルメSNS「SynchroLife」がシリーズAで約2億8000万円調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

日本のグルメアプリ「SynchroLife(シンクロライフ)」を運営する「GINKAN」が、シリーズAで260万ドル(約2億8060万円)を調達した。リード・インベスターはMTG Ventures、コ・インベスターはギフティ、オリエントコーポレーション、セレス、三生キャピタル、オークファン、DDホールディングスベンチャーキャピタル、三菱UFJキャピタルなど。

SynchroLifeは早くも2018年に、食レビューの報酬として独自トークン「SynchroCoin」 を獲得できるトークンインセンティブシステムを導入している。また、暗号通貨のウォレット機能が追加され、ユーザーは同プラットフォーム上でレストランのレビュー評価やレストラン情報の翻訳を行うと、SynchroCoin(日本国内では将来「シンクロコイン(SYC)」へ1対1で交換可能となる「シンクロポイント」)を獲得できるようになっている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録