米上場の自動車情報サービス大手「易車」、11億ドルでテンセントを含むコンソーシアムと合併に合意

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

米上場の自動車情報サービス大手「易車」、11億ドルでテンセントを含むコンソーシアムと合併に合意

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

6月12日、中国自動車情報プラットフォーム「易車(bitauto)」は、同社の取締役会が全会一致でテンセントホールディングス(騰訊控股)及びHammer Capitalからなる投資家コンソーシアムとの法的拘束力のある合併契約を承認し、これに署名したという公告を発表した。それによると、コンソーシアム側は1ADS(米国預託株式)あたり16ドル(約1700円)の価格で易車の株式を買い取り、総取引額は11億ドル(約1180億円)に達するとのこと。今回の取引が完了すれば、易車は米国から上場廃止し、非公開化することになる

易車は2000年に中国版テスラと呼ばれているEVメーカ「蔚来汽車(NIO)」の創業者李斌氏により設立され、中国国内で最初期の自動車関連インターネット企業として、2010年にニューヨーク証券取引所への上場を果たした。海外で上場した中国初の自動車関連ネット企業で、売上高が100億元(約1500億円)の大台を突破した初の自動車関連ネット企業でもある。モバイル・インターネット調査会社「QuestMobile」のデータによると、今年4月、易車アプリ単独のDAU(デイリーアクティブユーザー数)および易車アプリと自動車価格情報アプリ「汽車報価大全(Auto Pirce)」の合計DAU(デイリーアクティブユーザー数)は、2018年にアプリがバージョンアップされた際と比べ、それぞれ259%、46%増加している。

テンセントが2015年に易車の戦略株主となって以来、両社は緊密な協力関係を保ってきた。易車の広報担当者によると、今回の合併完了後、易車はテンセントのエコシステムとの連携をさらに強化し、産業サービス能力とプラットフォームの商業的価値をより向上させていくとのこと。

(翻訳・普洱)

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録