ミニプログラムの最新ランキング 4割はミニゲームがランクイン

36Kr Japan

中国最大のベンチャー・ITメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

マーケティング

ミニプログラムの最新ランキング 4割はミニゲームがランクイン

小程序最新榜单发布,小游戏占四成

2018年6月5日,阿拉丁统计平台发布了今年5月TOP100小程序榜单。相对于4月的行业情况,这份榜单指出了三点核心变化:

  • 小游戏发展增速远高于其它品类,在5月小程序TOP100榜单中占比上升到40%。小游戏走热,部分原因在于小游戏天然填充了用户的碎片化时间,此外,5月份微信推出了小游戏的视频广告变现,也是利好。
  • 小程序与线下的连接能力在强化,特别在巨头都在推广“新零售”概念的大背景下,小程序是这类生态的核心入口:连接线下零售商超的“万达广场”、“YH永辉生活+”,连接线下公共交通的“车来了精准的实时公交”、“腾讯乘车码”、“深圳通”,都是典型案例。
  • 政务类小程序首次上榜。譬如,“粤省事”小程序是广东省政务民生服务的集合入口,通过身份认证进行统一管理,为用户提供一站式民生服务。

36氪首发 | 小程序最新榜单发布,小游戏占四成

36氪首发 | 小程序最新榜单发布,小游戏占四成回顾最近一个多月,微信小程序官方先后推出的两项关键政策,已经在开发者身上发生作用:

1、小游戏新增激励式广告组建内测。小游戏开发者可以开通流量主模块,把游戏场景和广告融合。譬如,看广告视频奖励游戏金币;此外,开放了游戏圈,开发者可以介入现有微信游戏圈,在小游戏内为用户提供交流互动等社区功能,盘活社交链。小游戏开发者开始赚钱了。

2、微信调整了小程序的分享功能:譬如当用户从小程序、小游戏里分享消息给好友,或者从微信内网页和第三方App分享消息给微信好友和朋友圈,开发者皆无法得知分享是否完成。

微信在有意识地控制分享,此前以小游戏为重灾区,出现一批“分享到新群可复活”的刷流量的玩法。这对用户粘性用途不大,但迅速推高了一批开发者的数据。

“限制分享的政策,其实对转化率影响不大,但对一些存在恶意分享的小程序的日活影响很大,有的缩减了30%。”阿拉丁创始人史文禄觉得,微信限制分享的思路是不恶意打扰用户,但从这一年的变化来看,之后很可能会持续开放新的入口。

从阿拉丁后台的数据看,今年小程序开发者的流量总体呈现出平稳增长,留存率明显改善。此前Top100榜单的门槛是1万UV,今年5月,20万UV也未必可以进场。“日活百万的小程序非常多,因为小程序的开发和运营成本远比App低,其中个人开发者势头越来越猛,这很像早期微信公众号的状况。”

2018年1月15日,微信官方功德数据是:截至当时,小程序日活1.7亿,上线58万个,开发者超过100万,第三方开发平台超过2000家。史文禄称,此后半年,小程序开发者的增长惊人。

以下为阿拉丁5月小程序报告原文节选及Top100榜单:

1、小游戏持续活跃,占比再创新高

阿拉丁指数(aldzs.com)显示,相比2018年4月,2018年5月小程序TOP100在行业分布上有较为明显的变化,上榜数量增加的行业有游戏、出行服务、线下零售、视频、商业服务(政务服务),上榜数量减少的行业有图片摄影、工具、餐饮、社交、内容资讯、旅游、汽车,上榜数量持平的行业有网络购物、生活服务、教育,跟人们生活息息相关的品类受到关注最高。

自2018年4月微信公布小游戏个人发布之后,小游戏上榜率节节攀高,正进入高速发展赛道,相比2018年4月,2018年5月小游戏上榜率增长21.21%,占据TOP100榜单的四成份额,具有绝对化主导地位。

本月上榜小游戏达40个,其中,19个小游戏为相比上月的新上榜,达到所有上榜小游戏的近半数份额,可见小游戏正进入高速发展变化的进程中,这些上榜小游戏以休闲和智力类为主,行业处于操作模式简单的轻便型游戏阶段。

36氪首发 | 小程序最新榜单发布,小游戏占四成

2、阿拉丁指数(aldzs.com)显示,本月小程序TOP100榜单的平均指数是7229.05,四月是6984.3,三月是6926.28,本月较四月提升3.5%,较三月提升4.22%。高于平均值的行业有游戏类、网络购物类、出行服务类、视频类、旅游类、教育类,可以看出TOP100平均指数持续提升,进榜门槛持续抬高。按上榜数量依次是游戏类、网络购物类、图片摄影类、工具类、生活服务类、出行服务类、餐饮类等。

36氪首发 | 小程序最新榜单发布,小游戏占四成3、新上榜小程序行业趋向集中化,新物种小程序出现被模仿和抄袭

阿拉丁指数(aldzs.com)显示,相比上月,本次5月份榜单新上榜有 34个小程序,略有增长,不仅仅小游戏处于快速增长中,小程序的开发热度也正处于快速变化的状态中,其中,新上榜游戏类总数达到最高,共有19个,其次是生活服务(3)、线下零售(3)、出行服务(2)、商业服务(2)、图片摄影(2)、视频(1)、网络购物(2),属于toC的日常生活应用和优活生活应用。

36氪首发 | 小程序最新榜单发布,小游戏占四成

阿拉丁指数(aldzs.com)显示,本月新物种小程序共有28个,较上月33个有所减少,其中,新上榜的有8个,分布在游戏类、图片摄影类、工具类、网络购物类、出行服务类、教育类、商业服务类、社交类、生活服务类。

36氪首发 | 小程序最新榜单发布,小游戏占四成

4、传统和个人开发者占比持续增多,小程序生态带给创业者更多机会

阿拉丁指数(aldzs.com) 显示,本月传统机构开发者占比为12%,较上月增长3个百分点;个人开发者占比为11%,较上月增长4个百分点。一个新领域新渠道的诞生,其健康发展和前景并不仅仅体现在互联网领域或头部资源中,除互联网领域或头部资源外,它能带给更多传统和个人开发者新的商业机遇,它能带给更多中小民族企业新的商业机遇,小程序或将可能给广大创业者新的希望,或将可能改变中小民族企业的困局。除此之外,小程序开始逐步渗透到更多传统行业,乃至电子政务中,除消费升级之外,也是一种服务升级的表现。

36氪首发 | 小程序最新榜单发布,小游戏占四成

5、拥有两个小程序以上的企业占三成,腾讯系小游戏上榜数最多

阿拉丁指数(aldzs.com) 显示,下图是本月拥有两个小程序的企业名单,占据榜单整体的三成份额,基本跟上月持平。但企业数量较上月有所缩减,其中,我们发现,上月进入榜单的上海游光、北京智者天下、广州勇往科技、携程、中国联通,本月除上海游光外均未进入TOP100榜单,本月进入榜单的拥有两个小程序以上的企业名单有腾讯、美团、北京豪腾嘉科、长沙维星、长沙指色、58同城、上海游光。

上榜的腾讯系小程序中,本月和上月,游戏类占比均为最高,本月10个,上月7个。

36氪首发 | 小程序最新榜单发布,小游戏占四成

36氪首发 | 小程序最新榜单发布,小游戏占四成

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

2018年6月5日、アラジン統計プラットフォームは今年5月のミニプログラムランキングTOP100を発表した。4月と比較し、ミニプログラム市場には以下3点の革新的な変化があったという。

ミニゲームの成長が群を抜いている

TOP100にランクインしたミニプログラムのうち、ミニゲームは4割を占めるまでになっている。シンプルで手軽なミニゲームは、スキマ時間の利用に最適だと多くのユーザーが感じた結果だろうか。

また、WeChat(微信)は5月、ゲーム中に挿入される動画広告に「インセンティブ広告」を導入。これは、強制的に表示される従来の広告と違い、ユーザー個人の判断で見ない選択もできるものだが、広告を視聴した場合にはゲーム中のアイテムなどを獲得できるなどユーザーに対価をもたらすシステムであるため、結果的にはユーザーに積極的な広告視聴を促すようになっている。この動画広告の方式がプラスに働いたものとみられる。

ミニプログラムとオフラインのリンク強化

各種小売大手が推進する「ニューリテール」(新しい小売業態)のもと、リアルの生活と直結したサービスにミニプログラムがどんどん参入してきている。大手ショッピングモールのワンダプラザ(万達広場)、国内最大のスーパーマーケットチェーン・永輝超市「永輝生活+」などの物販をはじめ、公共交通の運行状況を通知するアプリ「車来了」、地下鉄乗車賃を電子決済できる「騰訊乗車碼」「深セン通」などが典型的な一例である。

行政機関や自治体の初参入

広東省が運営するミニプログラム「粤省事」は、ID認証を済ませれば行政関連のワンストップサービスを受けることができるものとして登場している。

また、WeChatミニプログラムは、過去1か月あまりの間に新たな二大戦略として以下のような方針を打ち出している。

ミニゲーム内の広告に関して

ミニゲームの開発者は、テンセントの「流量主」(Googleのアドセンス(AFG)に類する連動型広告サービス)に申請することで、ゲームの各場面と広告を一体化できる。前出の「インセンティブ広告」もその一例である。ほかに、開発側がゲーム内コミュニティに直接アプローチし、活性化することも可能になっている。

ミニプログラム内のシェア機能について

ミニプログラム、ミニゲームあるいはWeChat内サイト、サードパーティーアプリからユーザーがシェアした情報について、これまで開発者は関知できないようになっていた。こうしたシェア機能の制限については本来、一部のシェア機能の悪用について対策を講じたものであった。

こうした制限は、CVR(コンバージョンレート)には大きく影響してこなかったが、一部のミニプログラムについては、DAU(1日当たりのユーザー数)が3割ほども減少する事態を招いている。アラジン統計プラットフォームの創始者・史文禄氏は直近1年間の状況を鑑み、シェア機能の制限がユーザーを過度に縛ることがあってはならないと、今後は緩和の方向へ舵を切る可能性を示唆している。

ミニプログラムの開発側については、リテーションレート(既存ユーザー維持率)も明らかに改善している。その影響かどうか、これまでTOP100に食い込むには少なくともUV(ユニークビジター)1万人がハードルとされてきたが、今年5月の段階ではUV20万人でも100位圏内は保証できない状況である。また、ミニプログラムの開発費はアプリより大幅に削減できるため、個人開発者の伸びがとくに著しい状況である。

WeChatの2018年1月15日付公式発表によると、ミニプログラムのDAUは1.7億、総リリース数は58万、開発者は100万超、サードパーティーによる開発プラットフォームも2000を超えている。今後はさらに驚異的な伸びを見せるだろう。

以上が5月のTOP100ランキングに関する統括である。続いては、アラジン統計プラットフォームの5月のレポートから抜粋したものである。

ミニゲームがさらなる活況、ランクイン数で記録更新

2018年4月と比較し、2018年5月のTOP100にランクインするジャンルに明らかな変化が見られた。ゲーム、お出かけサービス、オフラインでの小売りサービス、動画、行政サービスを含む各種商業サービスなどは増加の傾向。反して、写真撮影、飲食、ソーシャルメディアサービス、コンサル、旅行、自動車などは減少傾向。横ばいを示しているのはオンラインショッピング、生活関連サービス、教育関連など。生活に密接したものほど注目度が高いと言えるだろう。

中でも、ミニゲームは2018年4月より2018年5月が21.21%増でおよそ4割を占めるまでに急成長している。ランクインした40のミニゲームのうち、およそ半数に当たる19が新規ランクインしたもので、カジュアルゲームやパズルゲームがとくに存在感を示してきている。

平均指数の上昇傾向が続く

5月のTOP100ランキングにランクインしたミニプログラムの平均指数は7229.05で、4月の6984.3から3.5%上昇している。平均指数を上回ったジャンルはミニゲーム、オンラインショッピング、お出かけサービス、動画、旅行、教育だった。平均指数は引き続いて上昇の傾向で、TOP100圏内に入るハードルはさらに高くなってきている。

新規ランクインのジャンルは一極集中 コピーやパクリも増加

5月のランキングでは34のミニプログラムが新規ランクインした。うち19件がミニゲーム、3件が生活関連サービス、3件がオフラインでの小売りサービス、2件がお出かけサービス、2件が商業サービス、2件が写真撮影、1件が動画、2件がオンラインショッピング関連だった。

また、今月は新ジャンルのミニプログラムが28件リリースされたが、うち8件がTOP100にランクインしている。

老舗業者と個人開発者の継続増加 ミニプログラム起業の好機

ミニプログラムの開発元については、いわゆる”老舗”企業が全体の12%を占めていて、4月比3%増となっている。個人の開発者は4月比4%増の11%。インターネットの世界に限らず、業界が健全に成長するためには新たなジャンルやアプローチの誕生が不可欠であり、それが多くの中小企業や個人事業者にビジネスチャンスをもたらすものとなる。ミニプログラムは彼らにとっての福音となり、現状打開のきっかけとなりうるものだろう。

3割が複数のミニプログラム所有企業 テンセント系はミニゲームで最多

2件以上のミニプログラムを運営する企業が全体の3割を占めている。ただし、4月にランクインしていたIT企業の上海游光以外は、全てTOP100圏外に転落。かわりにテンセント(騰訊)、中国版グルーポンなどを運営する美団、クラシファイド広告サービスの58同城などがランクインした。

テンセント系のミニプログラムではゲーム系が最多を占め、前月7件、今月は10件を数えた。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手