ソフトバンクも出資し破産したOneWebが競売手続き開始、中国企業が触手

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

ソフトバンクも出資し破産したOneWebが競売手続き開始、中国企業が触手

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

かつてテスラのイーロン・マスク氏により設立された宇宙開発企業「SpaceX」と共に名を馳せた、衛星通信サービス企業の「OneWeb」が、7月2日にニューヨークの破産裁判所で資産の競売を行う。自動車メーカー「吉利汽車(Geely)」など中国のバイヤー3名が、AmazonやSpaceXを相手に入札に挑む。

2020年3月、新型コロナウイルスの感染拡大により、主要株主だったソフトバンクが、OneWebから資金を引き揚げた。そのため財政難に陥ったOneWebは、破産保護申請を行い、資産の競売手続を開始した。入札者はOneWebを買収するか、一部の資産を購入するか選択することができる。

過去5年間に、OneWebは34億ドル(約3669億円)を調達した。主要株主にはソフトバンクグループ、エアバス・グループ、クアルコム、ヴァージン・グループ、コカコーラなどが含まれている。 破産を宣言した後、OneWebの注目度は低下するどころか上昇した。対応する資産の買収評価額が10億ドル(約1079億円)を上回っているため、競争入札の参加希望者は、6月26日に入札額の10%のデポジットを納めねばならず、これにより、買収合戦参戦条件となるキャッシュフローのプールが大幅に引き上げられることとなった。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録