ゲーム実況動画「闘魚」の株価が過去最高値に ライバル「虎牙」らとの合併は早ければ第3四半期中か

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

ゲーム実況動画「闘魚」が株価が過去最高値に ライバル「虎牙」らとの合併は早ければ第3四半期中か

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ゲーム実況動画配信サービスを運営し、米ナスダック市場に上場する「闘魚(DouYu)」の株価が6月29日、過去最高値をつけた。この日同社の株価は前日終値比5.91%増の11ドル82セントで取引を終え、この時点における企業評価額は37億5260万ドル(約4042億円)となった。2020年に入って以降、同社の株価の累計上げ幅は39.55%に達した。

先日、闘魚と同じくゲーム実況動画配信サービスを手がける「虎牙直播(HUYA)」、「企鵝電競(Tencent Egame)」と闘魚の3社が統合されるという報道があったが、虎牙内ではこのことはすでにコンセンサスとなっている。事情を知る関係者によれば、3社の統合時期は新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、早くても2020年の第3四半期、遅ければ2021年になるとのこと。

闘魚が5月に発表した2020年第1四半期の財務報告書では、闘魚の平均MAU(月間アクティブユーザー数)は1億5810万人で、課金ユーザー数は前年同期比26.2%増の760万人だった。両項目で闘魚は虎牙を若干リードしている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録