19年4Q、公的年金の運用損失が過去最大の約18兆円に コロナ株安が直撃

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

19年4Q、公的年金の運用損失が過去最大の約18兆円に コロナ株安が直撃

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

公的年金の積立金を運用している年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックに伴う世界的な株価の急落により、1-3月期の運用は過去最大となる17兆7100億円(1647億4000万ドル)の損失を計上したと発表した。GPIFの声明によると、第3四半期がプラス4.61%だったのに対し、同四半期の収益率はマイナス10.71%となった。GPIFは世界最大の年金基金で、3月末時点で運用資産額は150兆6000万円となっている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録