スマホ用ディスプレイ市場、サムスンが52%で首位 次点に中国BOE

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

スマホ用ディスプレイ市場、サムスンが52%で首位 次点に中国BOE

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米市場調査会社「Strategy Analytics」が6月29日、スマートフォン用ディスプレイ市場に関するレポートを発表した。これによると2020年第1四半期、世界全体の売上高は90億ドル(約9664億円)だった。そのうち、韓国のサムスンディスプレイがシェア52%で首位、中国の「京東方(BOE)」と「天馬微電子(Tianma Microelectronics)」がそれに続いた。これら上位3社で市場全体の74%を占める形だ。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録