京東、時価総額1000億ドル突破 中国IT企業で5社目

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

京東、時価総額1000億ドル突破 中国IT企業で5社目

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

現地時間7月8日、中国EC大手京東集団(JD.com)は、米国市場取引開始後の株価が7.65%上昇し、史上最高値の65ドル90セント(約7070円)を記録、時価総額は初めて1000億ドル(約10兆7000億円)に達した。中国のインターネット企業としては、アリババ(阿里巴巴)、テンセント(騰訊)、美団点評(Meituan Dianping)、拼多多(Pinduoduo)に次ぎ5社目となる時価総額1000億ドルを突破した企業となった。

京東の株価は最高値を付けた後反落し、前日比6.02%高となる65ドル38セント(約7016円)の終値で取引を終え、最新の時価総額は1010億2400万ドル(約10兆8400万円)となった。今年に入って以降、同社の株価は85.6%も上昇している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録